USJのハリー・ポッターエリアの紹介

ハリー・ポッターエリア

待ちに待ったハリー・ポッターのテーマパークが誕生!

USJが開業以来初めてのエリア拡大が、このハリー・ポッター。
映画のテーマパークとして誕生したUSJにとってこれほど人気のエリアができるとは、発表された時はにわかに信じられないほどの衝撃でした。

この新エリアが2014年7月15日にグランドオープンしました。

ホグワーツ特急

正式名称は「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」。450億円もの巨費を投じて建設されました。

ハリー・ポッターエリアはホグズミード村とホグワーツ城の二つで構成されていて、アトラクション・ショップ・レストランが入っています。

ハリー・ポッターエリアに入るとまずはホグズミード村の街が続き、一番奥にアトラクション、3D ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーが入っているホグワーツ城がそびえ立っています。


このページでアトラクションなどを簡単に説明していきますが、その前にハリー・ポッターエリアに入るために必要なことがあるので、まずはそれを説明します。

ハリー・ポッターエリアに入るためには入場確約券、もしくは入場整理券が必要です。

この入場確約券(整理券)を手にするにはいつくかの方法がありますが、大きく分けてUSJ入場前に入手する方法と入場後に入手する方法があります。

その方法を以下に書いていきます。

USJのこちらのページでも入場確約券・入場整理券の説明がされています。

有料のハリー・ポッターエリア入場確約券入手方法

無料のハリー・ポッターエリア入場整理券入手方法

USJ内で発行される入場整理券を入手してハリー・ポッターエリアに入る方法です。

無料の入場整理券を入手するのに必要なものは、USJの入場チケットです。年間パスで入場した場合は年間パスが必要です。

パーク内のセントラルパークに設置されている入場整理券を発行する機械に入場チケットや年間パスのQRコードを読み込ませて整理券を入手します。その機械が下の写真です。

ハリー・ポッター無料入場整理券発行機

整理券に入場時間が印字されているので、指定された時間に、ハリー・ポッターエリアの入り口に向かいましょう。ハリー・ポッターエリアへの入り口は下の写真のようになっています。

ハリー・ポッターエリアへの入り口

入手場所などはコチラのブログで紹介しているのでご覧ください。

無料整理券は配布される数は限りがあり、発行は一人1日に1回限りで再発行はできません。

また、パークの到着時間が遅い場合、入手できないことも考えられるので注意してください。

詳しくはUSJのコチラのページをご覧ください。

ハリー・ポッターエリアのアトラクション

ハリー・ポッターエリアでは

という二つのアトラクションを楽しめます。

ハリーポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーは動きの激しい屋内型のライド。

フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフは子供さんと一緒に楽しめる屋外のジェットコースターです。

ハリーポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー

ハリーポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー

このアトラクションのメインは4人掛けのライドに乗り、4K映像に合わせてライドが左方向に進みながら上下に激しく動くアトラクションになっています。

このアトラクションは乗り物だけではなく、ライドの乗り場に至るまでが一つのアトラクションのようになっています。

映画の世界がそこにあるように、壁にかけられた絵画がしゃべったり、ハリー、ロン、ハーマイオニーが待ち時間を過ごすところにやってきたりと、ホグワーツ城の中に入ると見るものすべてがハリーポッターの世界になっています。

実際に目にすると、緻密でこだわりぬいて作られたと思わせる小道具の一つ一つに感心すると思います。

このアトラクションで一つ注意してほしいのは、動きが激しいこと。

このため乗り物酔いをする人はために酔ってしまうかもしれません。
ちなみにワタシは酔ってしまいました。。。

絶叫系が苦手だったり、乗り物酔いをする人の中には、ライドには乗りたくないけどホグワーツ城の中は見たいという人がいるはずです。

そんな方はホグワーツ城のキャスルウォークを楽しみましょう。

ホグワーツ・キャッスルウォークは、アトラクションに乗らずに、ホグワーツ城の中だけを見学できるアトラクションです。

ホグワーツ・キャッスルウォークについてブログで紹介しているので、よろしければご覧ください

フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ

フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ

こちらはホグワーツ城の前にあるジェットコースター型のアトラクションです。

ジェットコースターとはいえ、大絶叫するほどの高さから滑り落ちるタイプではありませんが、注意書きには「急な加速、横揺れ、上昇、降下などの動きを伴う高速ジェットコースターです」と書かれてあるアトラクションになっています。

身長制限があり身長92cm以上の人が利用できるライドです。

このアトラクションの詳しい情報はフライト・オブザ・ヒップホッグのページでどうぞ。

ホグズミード村

道は石畳。屋根には雪が積もりツララが垂れ下がっています。

ホグズミード村

ここにはショップやレストランがあり、ショップのショーウィンドウには奇妙な生物が動いていたり、ヘンテコなディスプレイがされているところもあります。これらすべてがハリー・ポッターの世界なのです



ホグズミード村のレストラン

ハリー・ポッターエリアの飲食店はこの下の二つ。

一つは飲食店で一つはBarなので、実質的なレストランは「三本の箒」だけとなっています。

三本の箒

三本の箒

こちらがハリー・ポッターエリアのメインレストラン。メニューはイギリス料理が主なものになっています。

ハリー・ポッターエリアに来たら飲んでみたい、あのバタービールもあります。

ブレックファースト・通常メニューと、時間によってメニューが変わります。

ホッグズ・ヘッド・パブ

ホッグズ・ヘッド・パブ

こちらは、あのバタービールやジュースに加えアルコールも楽しめるBarのようなところです。

三本の箒と、このホッグズ・ヘッド・パブは入り口は別ですが店内で繋がっていて、完全に独立したお店ではありません。

ホグズミード村のショップ

お店自体は以下の8店舗があるのですが、ショップ同士が店内で繋がっているところがあり、8つすべてが独立したショップではいため、体感的に8つのお店があるようには感じません。

8つのショップに共通していえることは、店内が小さいということ。
混雑時には、通り抜けるするだけでも大変になります。

大人気の「百味ビーンズ」はハニーデュークスで販売されています。

ハニーデュークス

USJのHPはコチラをご覧ください

ゾンコの「いたずら専門店」

USJのHPはコチラをご覧ください。

オリバンダーの店
オリバンターの店

ショップの中で「オリバンダーの店」は他とちょっと違います。

ここは魔法の杖を売っているのですが、ショップに入る前に、映画のワンシーンのような、短時間のショーを観られるのです。
杖が天井まで積まれている控室に部屋に入り、そこで簡単な説明を受けてからからオリバンダーがいる部屋に通されるのですが、控室からショーが始まっています。

このショーを観るために待ち時間が発生するのが難点ですが、ハリー・ポッターの賢者の石を見た人なら、きっと楽しめると思います。

ショーは見ないでも良い人、または待つのは嫌だけど杖は購入したい場合は裏口から入るようにしましょう。待ち時間なく店舗に入れます。

USJのHPはコチラをご覧ください

ワイズエーカー魔法用品店

USJのHPはコチラをご覧ください

ふくろう便& ふくろう小屋

USJのHPはコチラをご覧ください

ダービシュ・アンド・バングズ

USJのHPはコチラをご覧ください

グラドラグス魔法ファッション店

USJのHPはコチラをご覧ください

フィルチの没収品店

USJのHPはコチラをご覧ください

ハリー・ポッターエリアのショー

フロッグ・クワイア

USJのHPはコチラをご覧ください

トライウィザード・スピリット・ラリー

USJのHPはコチラをご覧ください



TOP↑