USJのオフィシャルホテル ホテル大阪ベイタワー体験記

USJのオフィシャルホテルではありませんが、ホテル大阪ベイタワーはUSJの鉄道の連絡口、JRゆめ咲線のユニバーサルシティ駅から3つめ(西九条で乗換の必要あり)の弁天町の駅前に立地しています。

JR環状線の弁天町駅から通路が繋がっているので、雨が降っていても、ほとんど濡れることなくホテルまでたどり着けます。

『大阪で一番夜景が綺麗なホテル』というキャッチコピーがあり、キャッチコピーの通り夜景は本当に綺麗で、夜景が好きな人であれば、これだけでも価値があると思います。

ホテル大阪ベイタワーを利用した感想はページの下に書いております。

ホテル大阪ベイタワーを写真で紹介していきます

ホテル大阪ベイタワー

JR西九条駅のホームから見える背の高い建物が、このページで紹介するホテル大阪ベイタワーです。

西九条から大阪環状線で天王寺方面に一駅乗ると弁天町駅に着きます。このホテルは弁天町の駅前に立地しています。

ホテル大阪ベイタワー

USJの最寄り駅、ユニバーサルシティ駅から一度乗り換えた3駅先にホテル大阪ベイタワーの最寄り駅、大阪環状線の弁天町駅があります。

3駅先とはいえ、USJのジュラシックパークからホテルが見える距離にあります。

ホテル大阪ベイタワー 外観

大阪環状線弁天町の駅前にそびえ立つように見えるのがホテル大阪ベイタワーです。弁天町駅のホームからはこのように見えます。

ホテル京阪ユニバーサルタワー ロビー

2階まで吹き抜けはあるロビーは、こじんまりとした印象です。

ホテル大阪ベイタワー

ここは客室へとつながるエレベーターホールです。

ここからも眺望を楽しめますが、眺望は部屋の案内で紹介します。

ホテル大阪ベイタワー

建物の東西に部屋が配置されていて、廊下はその真ん中に1本だけ通っています。

ホテル大阪ベイタワー

ベッドはセミダブルとなっていて、20平米ほどの広さがあり、カーペットとカーテンがグリーン系で落ち着いた雰囲気があります。

一人で利用するには少し余裕がありますが、2人だと、広々と使うには、少々狭いかもしれません。

ただ、USJで一日遊び、寝るだけであれば十分です。

ホテル大阪ベイタワー

テレビや冷蔵庫・ポットなどは、このコーナーに集約されています。

テレビは26インチほどの大きさだったかと思います。

ホテル大阪ベイタワー

備え付けのお茶セットには、緑茶とほうじ茶が用意されていました。

ホテル大阪ベイタワー

冷蔵庫は小型で冷凍室はありません。

コンビニのお弁当の大きなものは入らないと思います

ホテル大阪ベイタワー

ナイトウェアはこのようなタイプでズボンはありません。

ホテル大阪ベイタワー

ホテルのHPでは、貸出器具となっているズボンプレッサーが、この部屋には用意されていました。

ホテル大阪ベイタワー

インターネット環境は申し分なしで、部屋にはあらかじめLANケーブルが用意されていて、Wi-Fiも完備されています。

ホテル大阪ベイタワー

Wi-Fiは各部屋ごとにIDとパスワードが設定されているようです。

ホテル大阪ベイタワー

お風呂と洗面・トイレは一体型でした。

床と壁はタイルとなっていて、トイレは洗浄機能付きのタイプ。

ホテル大阪ベイタワー

アメニティはハミガキセット、ブラシ、シャワーキャップ、カミソリ、綿棒が用意されていて、ドライヤーはホテルによくある容量の小さめのタイプでした。

ホテル大阪ベイタワー

シャンプー・コンディショナー・ボディソープは資生堂の製品。

ホテル大阪ベイタワー

大阪で一番夜景が綺麗なホテルというのがこのホテル一番の売り。地上30階以上の部屋から見る景色はすばらしい。

上の写真の矢印の部分がUSJです。

ホテル大阪ベイタワー

USJをアップにしてみました。パークの建物のと大屋根が見てとれます。

天候が良いと本州と淡路島をつなぐ世界最長の吊り橋、明石海峡大橋が見えます(写真右上)。

ホテル大阪ベイタワー

窓から見える景色をイラストで説明したものが部屋に置いてあり、もちろんユニバーサル・スタジオ・ジャパンの場所も説明されています

ホテル大阪ベイタワー

USJ側の部屋は西向きなので、夕日を見ることができるのですが、この日はあいにく雲が多くて綺麗な日没を見ることはできなかったものの、雲が空に奥行きを感じさせる演出をしてくれました。

ホテル大阪ベイタワー

マジックアワーになる頃には建物や車のライトが点き、景色が華やかになっていきます。

ホテル大阪ベイタワー

完全に日が沈み、『大阪で一番夜景が綺麗なホテル』というキャッチコピー通りの綺麗な夜景が眼下に広がります。

ホテル大阪ベイタワー

この写真は、USJのショー(天使のくれた奇跡)で花火が上がった瞬間を撮ったものです。

望遠レンズで撮ったものなので、実際にはこんなに大きくは見えませんが、肉眼で見ることができます。



ホテル大阪ベイタワーの基本データ

USJまでの所要時間
JR利用で約15分
ホテルのHP
ホテル大阪ベイタワー
住所
大阪市港区弁天1-2-1
最寄駅
JR大阪環状線弁天町駅から徒歩3〜4分

インターネット環境
各部屋に有線LANとWi-Fi完備
標準的なチェックイン
14:00
標準的なチェックアウト
11:00
駐車場
ホテルを含めた複合施設ORC200の地下平面駐車場(タイムズORC200)
入庫から24時間以内まで1000円
ホテル大阪ベイタワーの宿泊プラン

ホテル大阪ベイタワーはオフィシャルホテルではないため、ホテル内でチケットの購入が出来なかったり、パーク内での特典を受けることはできませんが、夜景を見ることが好きな方にとれば、それだけでも宿泊する価値のあるホテルです。

客室は東西に分かれていて、それぞれに景観を楽しむことができると思いますが、USJを望む西側の客室の場合、上の写真でも紹介したように、左右に大きなマンションがあるため、視界が広がるパノラマのような景観にはなりませんので注意してください。

弁天町はJRと地下鉄中央線の二つの駅があるので、USJと並ぶ大阪の観光地、海遊館に行くにも地下鉄中央線1本で行けること、環状線で大阪駅に出る場合も行きやすく、観光にも便利な立地だと思います。


今回利用した部屋はダブルルームとなっていて、一人で利用する分については不満のない広さですが、二人で使うには少し手狭だろうと思います。

ホテルの部屋でくつろぐなら広めの部屋を選択するほうがよさそうですが、USJで遊ぶのが主な目的で、宿泊と夜景が目的であれば、ユニバーサルシティ駅から約15分ほどで到着するので(西九条駅で一度乗り換えが必要)、今回利用した部屋であっても、選択肢に入れても良いかと思います。



USJ ユニバーサルスタジオジャパンのツアーリンク

USJオープンの15分前に入場できる
アーリーパークインはJTBだけ




TOP↑