ANAクラウンプラザホテル大阪体験記

ANAクラウンプラザホテル大阪はインターコンチネンタルホテルズグループのホテルブランドで、このHPで紹介してきた他のホテルとは少し雰囲気が違いました。

車寄せやエントランス、ロビーは少々質素であるものの、静かで落ち着いた雰囲気があり、子供と一緒にというより、大人の雰囲気があるホテルと感じられました。

色使いがブラウン系となっているのが、落ち着いた雰囲気を演出しているのかもしれません。

一番近い駅が京阪の大江橋駅となっていますが、徒歩で15分圏内に5つの駅があり、移動には便利な立地にあります。
アクセスはホテルのHPをご覧ください

以前はUSJのパートナーホテルでしたが、今は外れています。

それでは、ホテルの紹介をしていき、最後に感想を書かせてもらいます。

ANAクラウンプラザホテル大阪を写真で紹介していきます

ANAクラウンプラザホテル大阪

阪神高速1号線を挟んで見上げた写真です。写真を撮ったのは川にかかる橋の上から。

都会の真ん中にありながら、周りに水と緑がある立地となっています。

ANAクラウンプラザホテル大阪

ホテル入口は質素で解放感もないので、高級ホテルという感じではありません。

ANAクラウンプラザホテル大阪

自動とびらを抜けてホテルに入ると、金の色合いが目に着く2階吹き抜けのロビーがあります。

ANAクラウンプラザホテル大阪

フロントは建物に入って左側の壁際にあります。少々見えにくいので分かりにくいかもしれません。

ANAクラウンプラザホテル大阪

エレベーターの扉もゴールドに彩られています。

エレベーターホール横にケーキショップがありました。

ANAクラウンプラザホテル大阪

部屋の扉は木目で、照明は落ち着いた色合いです。

ANAクラウンプラザホテル大阪

キーはカード式となっていて、差し込むタイプではなく、ドアノブの黒い部分にかざす形式です。

ANAクラウンプラザホテル大阪

利用したのは一番リーズナブルなフロアのレギュラーフロアの部屋です。

ANAクラウンプラザホテル大阪

窓際から見た部屋の様子です。

シックな色調で落ち着きを感じる部屋です。

ANAクラウンプラザホテル大阪

ベッドの枕元に目覚ましと電話があり、壁際にエアコンのリモコンが設置されています。
さらに、可動式の読書灯が設置されているのがありがたい。

ANAクラウンプラザホテル大阪

ナイトウエアは、このようなタイプでズボンはありません。

 ANAクラウンプラザホテル大阪外観

エアコンは部屋ごとに細かな温度設定ができるタイプでした。

 ANAクラウンプラザホテル大阪外観

ドレッサー変わりになるテーブルと椅子、窓際に置かれたテレビがこのように配置されていました。

こちらにも電話が設置されています。

 ANAクラウンプラザホテル大阪外観

鏡の下にLANケーブルの差し込み口があります。

 ANAクラウンプラザホテル大阪外観

引き出しにはLANケーブルが入っていました。

 ANAクラウンプラザホテル大阪外観

有線LANとともにWi-fiがパスワードの設定なしに利用できるようになっています。

 ANAクラウンプラザホテル大阪外観

扉を開けてすぐのところにミニバーと冷蔵庫やクローゼットがあり、クローゼツトの中にはズボンプレッサーが入っていました。

 ANAクラウンプラザホテル大阪外観

冷蔵庫は比較的大きなものが設置されていて、これだけのドリンク類があらかじめ用意されていました。

 ANAクラウンプラザホテル大阪外観

ミニバーには湯沸かしポットとお茶やお菓子が置かれていました。

 ANAクラウンプラザホテル大阪外観

コーヒーや煎茶のティーバックが用意されていました。

 ANAクラウンプラザホテル大阪外観

価格を確認するのを忘れたのですが、チョコやナッツなどが用意されています。

 ANAクラウンプラザホテル大阪外観

浴室とトイレが一緒になったユニットバスタイプで、スペースは少し広めに感じました。
ここにも電話があり、ドライヤーは壁掛けタイプの固定式で、ドライヤーを実際に使う場所は便器が間に挟まるので少々使いづらい面があります。

 ANAクラウンプラザホテル大阪外観

シャンプー・コンディショナー・ボディソープが用意されていています。

 ANAクラウンプラザホテル大阪外観

アメニティはタオルの下にある透明の箱の中に入っています。

 ANAクラウンプラザホテル大阪外観

アメニティはこのようなものです。
歯ブラシ・コーム・ブラシ・綿棒・カミソリ・バニティキット・シャワーキャップ・サニタリーバッグなど。

 ANAクラウンプラザホテル大阪外観

部屋は北側に向いていて、大阪駅方面のビルが見えました。



USJまでの所要時間
徒歩で数分
ホテルのHP
ホテル近鉄ユニバーサル・シティ
住所
大阪市此花区島屋6-2-68
最寄駅・シャトルバスなど
JRユニバーサルシティ駅
 関西国際空港シャトルバスの案内
インターネット環境
全客室Wi-fiあり
標準的なチェックイン
15:00
標準的なチェックアウト
11:00
駐車場
先着順
一泊\2100
ホテル近鉄ユニバーサル・シティの宿泊プラン

ホテルの横に川が流れ、阪神高速がその川に沿うように走っている立地にある大阪の中心部堂島にあり、鉄道のアクセスは以下のようにたくさんの路線を利用できます。

  • JR東西線の北新地駅より徒歩約5分
  • JR環状線・東海道線の大阪駅より徒歩約15分

  • 京阪中之島線の大江橋駅より徒歩3分
  • 京阪本線の淀屋橋駅より徒歩約7分

  • 地下鉄御堂筋線の淀屋橋駅より徒歩約7分
  • 地下鉄四ツ橋線の西梅田駅より徒歩約7分
  • 地下鉄四ツ橋線の肥後橋駅より徒歩約7分

  • 阪神電車の梅田駅より徒歩約10分

USJで遊ぶことを目的にするとオフィシャルホテルほどの利便性はありませんが、パークで遊ぶ前後の日程で他の所に移動する際にはとても便利な立地にあります。

上記の公共交通機関を利用してパークに行くには、JR大阪駅まで行き環状線とゆめ咲線を利用して行くのが一番便利だと思います。
ホテルのHPにはパークまで約20分と表示されていますが、これは乗り換えなどが順調にいった場合の時間で、実際にはもう少しかかるような感じがします。


立地の次はホテルそのものの話へ。
インターコンチネンタルホテルズグループのホテルなので、高級感を期待したいところですが、リゾート地にあるホテルのような解放感はなく、おしゃれなシティホテルといった雰囲気なのは、立地の関係上仕方ないのかもしれません。

ANAクラウンプラザホテル大阪にはレギュラー・アッパー・クラブ・スウィートのフロアがありますが、今回利用したのは一番リーズナブルなレギュラーフロアです。

ホテルのHPで見る他のフロアと比較すると、今回利用したレギュラーフロアは質感が劣るものの、このUSJ情報サイトでレポートした他のホテルよりも落ち着いた雰囲気がありました。

個人により好みがありすまので一概には言えないものの、家具の質感やベッドや枕が好みに合っていたので、とても印象がよく快適な時間を過ごせました。

冷蔵庫がシティホテルにしては大きなものが設置されているので、お弁当を持ちこんだりする場合にも便利でしょう。

また、ズボンプレッサーが部屋に常備されていたり、インターネット環境が有線・無線とも無料で利用できることから、ビジネス利用にも適していると思います。


パークに行くには少々時間がかかるので、パークで存分遊んでホテルは寝るだけ。というより、ホテルライフも楽しみたい場合にはおすすめです。

USJで遊ぶ目的ではなくホテルライフを楽しむために、また訪れたいと感じるホテルでした。



USJ ユニバーサルスタジオジャパンのツアーリンク

USJオープンの15分前に入場できる
アーリーパークインはJTBだけ




TOP↑