オーパス21のこだわり

はじめまして、オーパス21の店長の前田です。

ここではお店の紹介と、ちょっとしたこだわりを紹介していきます。

オーパス21は椅子が2台の小さなお店ですが、お客様に喜んでいただけるように、日々勉強しています。

当店のこだわりを知っていただき、ご来店いただけることを楽しみにお待ちしております。

オーパス21の店内の様子

2017年11月に改装を行い、シックで落ち着いた雰囲気の店になりました。

椅子はゆったりとしたサイズのものに変更しました。

イスは3台。予約優先です。

首に優しいシャンプー設備を導入

シャンプーの際、首にかかる負担を少なくするため、幅が広く厚みのあるゲルクッションが装備されている設備を導入しています。

バスケットボール一つ分とも言われる頭の重さを支える首の負担を少なくし、少しでも快適にシャンプーを受けていただけるようにしています。

シャンプーにこだわっています

こだわりのシャンプーとトリートメントとコンディショナー

オーパス21はバーデンスシャンプーの正規販売店です。

バーデンスシャンプーは、お酢とアミノ酸を使って作った洗浄成分『ラウレス-3酢酸アミノ酸』という特許成分を使っている弱酸性石けん系の肌に優しいシャンプーです。

この界面活性剤の刺激は水と同程度と低いのが特徴です。

このバーデンスを使い続ける方に理由を聞くと、一番多いのが「頭がかゆくならない」という答えが返ってきます。

「石敢當」

沖縄の魔よけ、いしがんとうと読みます

店の入り口脇の下に「石敢當」という表札のようなものが貼り付けてあります。

読みは「いしがんとう」

店長が「石敢當」という名字がと思われるかもしれませんが、実はこれ、沖縄の魔よけなのです。名字ではごさいませんのでお間違いなく。

店の入口はこんな感じです

お店の玄関はこんな感じです。この扉の右下に石巌當が張ってあります。

入口はこんな感じです

入り口にはオーパス21のロゴが入ったガラスの扉。
自動扉じゃありませんので、引くか押さないと開きません^^

顔そりで使う道具のこだわり

使い捨てタイプのテックス(毛とり紙)

私たちの仕事で喜んでいただける仕事の一つに「お顔そり」があります。

この顔そりに使う道具の一つに、「毛取り紙」というものがあります。
繰り返し使えるように作られたゴム皿というものもあるのですが、オーパス21では使い捨ての専用紙を使っています。

カミソリの刃は替刃を使い、安定した切れ味を提供しています。

そして、シェービングに必ず必要な『泡』を作る際、多くの理容室で使用されているシェービングカップとシェービングブラシではなく、ラザーミキサーと呼ばれるものを使用しています。

直接肌に触れるこの仕事は、衛生面で特に気をつけております。

顔そりへのこだわ

消毒はとエタノールとフィリオ30を使用

消毒にはB型肝炎のウィルスを不活性化させる力があり、医療機関でも使われている「フィリオ30」とエタノールを使用しています。

笑顔のシーサーがお出迎え

愛想のいいシーサーは男の子。なぜ男の子かはお店で確認してください

これは当店のマスット的な存在であるシーサー。Vサインをしているこの男の子がお出迎えします。

男の子と言い切るのは理由があるのです。
それは実際にこのシーサーを見て判断してくださいね。

TOP↑