セットが楽になるアイロンパーマの紹介

アイロンパーマで髪のお悩みを解消したい

アイロンパーマは髪が乾くとカールが出るため、パーマの再現性が高く、手入れが楽で簡単なのが特徴です。

髪のボリュームを出したり、逆に抑えることができ、男性(メンズ)の短い髪でも施術可能で、ショートヘアでもソフトなカールを作れます。

オーパス21ではアイロンパーマで髪のお悩みを解消するヘアスタイルを提案しています。

アイロンパーマって?

パーマといえば、通常はロッドを使用したコールドパーマのことを想像するだろうと思います。

パーマには大きく分けて二つあり、薬剤の力だけを利用したコールドパーマと、熱処理を加えるパーマに分けられます。

熱処理を加えるパーマには、このページで紹介する『アイロンパーマ』に加え、『縮毛矯正・デジタルパーマ』などに分けられます。

では、アイロンパーマの特徴とは何でしょう?

一番の特徴は『再現性』が高いということです。

再現性が高いと言われても、よく分からない方が多いでしょうから簡単に説明してみます。

熱処理を加えるアイロンパーマと、コールドパーマには、セットをする時に大きな違いがあります。

それは、コールドパーマは髪が濡れているときにカールが出て、乾くとカールが伸びるのとは逆に、アイロンパーマの場合は濡れているとカールが弱く、乾くとカールが出ます。

このように、パーマというのは髪が乾いている時と濡れているのカールの出方が違うのです。

ほとんどの方はセットするときに髪を乾かしますよね?
シャンプーしたあと、ドライヤーで乾かすとカールが再現される。

こういった特性があるため再現性が高く、自宅に帰られた後、自分でセットするのが楽で簡単なのです。

このような特徴を持つ、ヘアアイロンを使ったパーマを、オーパス21ではアイロンパーマやコテパーと呼んでいます。

オーパス21では、アイロンパーマで使う薬剤に、従来のアルカリ性の薬剤に加え、髪への負担が軽減されるGMTやスピエラといった酸性薬剤・中性薬剤も使用しています。

では、どのようになるのか写真で説明してみましょう。

カット後のアイロン施術前の状態

ほとんど「くせ」のない直毛に近い髪質の方です。

直毛の方は髪の動きや流れがでにくく、平面的なスタイルになることが多いので、アイロンパーマで弱いくせづけをすることにします。

今回は全体的にくせづけをするのではなく、部分的に「弱いアイロンパーマを施術」して、直毛部分との対比で立体感を強調させます。

アイロンパーマスタイル

アイロンワーク

下の写真はアイロンの施術を終えたところです。

トップとつむじあたりを中心にアイロンパーマの施術をして、動きと立体感を出すのが目的です。

これだけのカールがついていますが、仕上がりで、ここまでのカールは再現されません。

この写真を見て、パンチパーマをかけた経験のある方は、懐かしい感じがするかもしれませんね。
ここで紹介しているアイロンパーマは、パンチパーマと原理は同じなのですが、アイロンワークや薬剤の違いで、これまでのパンチのようにガシガシで硬い仕上がりではなく、柔らかい仕上がりになります。

アイロンパーマスタイル

シャンプーして乾かしました

ブラシなどは使わずにドライヤーだけで乾かし、軽くワックスをつけています。
直毛部分との対比もあり、髪の表面に動きが出ました↓

アイロンパーマスタイル

次に後ろから見た写真を。
つむじ付近の髪がふんわりと立ち上がり、少し毛束が強調され、髪の根元が立ち上がっているので立体感と動きが出ました。

アイロンパーマとは、このような工程で仕上げていきます。
髪に立ち上がりをつけたい場合、動きをつけたい場合、逆にボリュームを抑えたい場合にも効果的です。

こちらの方の場合、カット料金込みで6,800円(税抜)になります。
料金はアイロンパーマをかける範囲や使用する薬剤で変動しますが、男性のショートスタイルの場合、最高で7,800円(税抜)までとなります。

アイロンパーマは軟毛などの髪質は適さない場合があります。 また、ロングヘアーには対応できません。
目安として12〜15cmまでの長さの髪なら対応可能です。

では、以下にオーパス21で施術された方を紹介していきます。
上の一例とは違ったスタイルもありますので、ご覧いただければと思います。

髪が柔らかい方に立ち上がりを付ける男性(メンズ)アイロンパーマ

髪質が柔らかくて寝てしまう方に立ち上がりと遊びをつけるアイロンパーマをかけました。
このスタイルについてブログで詳しい説明をしています。


くせ毛の方に髪の遊びをつける男性(メンズ)デジタルパーマ

とても良いくせがある方ですが、トップの立ち上がりをプラスするためにアイロンパーマをかけました。
このスタイルについてブログで詳しい説明をしています。


前髪がストンと落ちてしまう方に、流れる癖をつける男性(メンズ)アイロンパーマ

毛量が多くてストレートヘアなので、前髪が落ちてくる方です。
後ろに流すためにはスタイリング剤が欠かせないので、ほんの少しクセづけしてみましょうと提案させてもらい、アイロンパーマをあてました。
このスタイルについてブログで詳しい説明をしています。


まったく癖のない男性(メンズ)ショートヘアに、くせ毛風のカールをつけるアイロンパーマ

まったく癖のない髪質の方です。
ショートヘアの方なので、髪の動きをつけるためにアイロンでくせづけしました。
このスタイルについてブログで詳しい説明をしています。


寝てしまう髪質のソフトモヒカンの方に、立ち上がりをつけるメンズアイロンパーマ

ソフトモヒカンのスタイルをされていますが、髪質が柔らかくてトップが寝てしまうので、立ち上がりをつけるアイロンパーマをかけました。


つむじが割れてしまう方に、分かりにくくする男性(メンズ)アイロンパーマ

とても毛量が多くて、癖のないまっすぐな髪質の方です。
立ち上がりはあるものの、髪に動きがでないため、アイロンで動きをつけました。
自然と割れてしまう「つむじ」付近の髪に動きをつけたので、つむじの割れがなくなりました。
このスタイルについてブログで詳しい説明をしています。


ふわっと浮いてしまう髪質の方のボリュームを抑えるアイロンパーマ

この方は、上記で紹介したアイロンパーマとは違い、ボリュームを抑えるために施術しました。
生え癖のため横と後ろのボリュームが出て困っておられたので、ソフトに頭皮に沿うようにデジタルアイロンパーマをかけました。施術後は、耳が見えています。その分、アイロンでボリュームダウンさせています。
このスタイルについてブログで詳しい説明をしています。


当店は禁煙となっています。

TOP↑