USJ情報サイト


USJのバックドラフトの見所、アトラクションの流れなどを紹介

バックドラフト

バックドラフトの概要

1991年にロン・ハワード監督のメガホンで撮られた、消防士をメインとして撮られた映画「バックドラフト」がモチーフのアトラクションです。

映画の舞台はシカゴでしたが、USJではサンフランシスコエリアにあり、実際の炎を使って撮影されたこの映画の特撮技術を、アトラクションとして再現しています。

シアターが3つに分かれたウォーク・スルー型のアトラクションとなっていて、1つ目と2つ目は、映画の関係者がスクリーンに出て来て、撮影秘話などを語ります。

最後のブースでは、映画の特撮技術を用いて実際の炎がゲストの前で燃え盛り、大音響と熱気を感じる迫力のあるラストになっています。

3つのブースを通して、進行方向に向かって右側がスクリーンや炎にに近い観覧席になっていますが、左側であってもショーは楽しめます。

映画のテーマパークとして出来たUSJにおいて、今では数少なくなった映画をモチーフにしたアトラクションですが、待ち時間は比較的短いアトラクションとなっています。

バックドラフトは妊娠中の方は体験できなくなっています。



バックドラフトの基本データ

  • ★の評価は4段階で示しています
  • 開始時間が決まっているショーは、待ち時間の傾向を「-」で示しています
  • 濡れ度・酔い度で「-」を示しているものは、その心配がないことを示しています
所要時間
約20分
待ち時間の傾向
酔い度
---
ファミリー度
★ ★
絶叫度
濡れ度
(場所により)★
アトラクションのタイプ
ウォークスルーショー
アトラクション利用基準
詳しくはコチラを
チャイルドスイッチ
利用できます
ユニバーサルエクスプレスパス
利用できます
シングルライダー
利用できません
身長制限
身長制限はありません


バックドラフトを写真で紹介

バックドラフト

アトラクションの入り口にはポンチョの自動販売機があります。濡れるのが嫌な人は、ここで買っておきましょう。

ただし、ポンチョを着ていても、まったく濡れずに済まない場合もあります。

バックドラフト

アトラクションの待ち時間は、写真のような屋外となっていて、屋根があるのは一部となっています。

バックドラフト

ライドの乗降場はこのようになっています。

バックドラフト

座席もこのようにびしょ濡れになるほどの水がかかるので、頭からびしょぬれになる覚悟が必要です。

頭や体だけではなく、お尻まで濡れることもあるのでそのつもりで乗ってくださいね。

バックドラフト

クライマックスのスプラッシュダウンは高さ25.9m、最大斜度51度の角度で落ちていき、着水したあとはこのように水をかぶります。

びしょ濡れになっても、ほとんどの人が笑顔になるのがこのライドの不思議なところです。



イオンカードミニオンズ
イオンカード

イオンカード(ミニオンズ) をUSJ内で利用すると、ときめきポイントが基本の10倍!
新規入会とカード利用で最大4000ポイントプレゼント!



USJのアトラクションTOPに戻る

Twitterをフォロー

USJアトラクション情報

USJのチケット

USJのレストラン情報

USJへのアクセス&駐車場情報

USJ近隣ホテル情報と体験記

USJの変化を綴るブログ



お問い合わせ・サイトマップ

TOP