USJのオフィシャルホテル ホテル近鉄ユニバーサル・シティ体験記

USJまでの距離がとても近いホテル近鉄ユニバーサル・シティは、ホテル3階にあるフロントを出ると、パークのゲートまで歩いて数分の距離にあり、USJで遊び疲れた後、ホテルに戻るのも苦にならないでしょう。

関西空港行きのリムジンバスの乗り場がホテル1階にあることや、宿泊者が無料で利用できるロッカーなど、使い勝手の良さも、このホテルの売りの一つです。

今回紹介するのは、ホテル近鉄ユニバーサル・シティで一番部屋数の多いカジュアルルームの紹介です。

定員は3名で広さは21平米。3人目はエキストラベッドを使用することになります。

では、写真を使ってホテルの様子をお伝えしていきます。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティを利用した感想はページの下に書いております。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティの基本データ
USJまでの所要時間
徒歩で数分
ホテルのHP
ホテル近鉄ユニバーサル・シティ
住所
大阪市此花区島屋6-2-68
最寄駅・シャトルバスなど
JRユニバーサルシティ駅
 関西国際空港シャトルバスの案内
インターネット環境
全客室Wi-fiあり
標準的なチェックイン
15:00
標準的なチェックアウト
11:00
駐車場
先着順
一泊\2100
ホテル近鉄ユニバーサル・シティの宿泊プラン

ホテル近鉄ユニバーサル・シティを写真で紹介していきます

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

USJへの鉄道の玄関口、JRユニバーサルシティ駅の改札を出て、正面に見える茶色のビルがホテル近鉄ユニバーサル・シティです

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

USJのハリウッドエリアからもホテルが見えます。

USJから見えるということは、ホテルからもパークが見えるということですね。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

ホテルの入り口に近くにマクドナルドがありますので、ここを目標にすると、ホテルの玄関が分かりやすいと思います。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

JRユニバーサルシティ駅からUSJに向かう途中にあるのがホテルの入口です。

ホテルの入口らしい重厚さはなく、ショップの入り口のような雰囲気です。

駅から歩いてくると、ここが1階のように感じますが、実は3階になっているのでお間違いなく。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

入り口を入ると吹き抜けのロビーがあり、左のカウンターではUSJのチケットが販売されていて、フロントは右の奥にあります。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

ここがロビーにあるUSJのチケツトを販売するカウンターです。

ここでスタジオ・パスや、アトラクション優先入場券、エクスプレス・パスの購入も可能です。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

ロビーに入ってすぐ右側は、このようなフォトスポットが設けられています。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

フロントはこじんまりとした作りで、ビジネスホテルといった感がありました。

フロント横の通路を入った赤い矢印の説明は、下の写真でさせてもらいますが、自動販売機のコーナーです。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

上の写真で示した赤い矢印のところには、自動販売機が設置されていて、ソフトドリンクやビール、おつまみやアイス、新聞などが販売されています。

また、携帯電話のコイン充電器と、写真をプリントする機械も設置されていました。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

フロント近くにある、エレベーターホールです。

フロントは3階になっていて、客室はフロントよりも上の階に設けられています。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

エレベーターで1階に下りると宅配便コーナーに加え、宿泊者は無料で利用できるコインロッカー、さらに、関西空港行きのリムジンバスの発着場があります。

赤い矢印がロッカーで、青い矢印のほうに進むとバスの発着場があります。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

関西空港行きリムジンバスの発着場です。

エレベーターで降りてすぐですから、関西空港を利用して、このホテルに宿泊する場合は、とても便利です。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

フロントで専用のコインをもらうことにより、宿泊者は無料で利用可能です。

この写真は1階のロッカーですが、フロント(3階)の前にもロッカールームがあります

数はそんなに多くないので、利用する場合は早めにコインをもらっておくほうが良いかもしれません

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

これが利用した、広さ21平米のカジュアルルームです。

ベッドが二つ並び、窓際には3人で利用する際にエキストラベッドになるソファーが置かれています。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

窓際から見た部屋の様子です。

部屋ごとに個別空調できるリモコンが壁に取り付けられています。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

ソファーと、カウチと丸テーブル。

黒いソファーはベッドとして利用されることもあり、座り心地は良かったです。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

ナイトウェアは、前開きのボタンタイプで、ズボンはありません。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

この部屋には独立したロッカーやクローゼットがないため、荷物を収納するスペースはありません。

洋服はこの茶色い波板のようなものの裏にあるハンガーにかけることになります。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

ハンガーの様子です。

あまり幅がないので、かさばる洋服の場合は表側にハンガーをかけられるようになっています。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

ハンガー横のスペースにテレビ・湯沸しポット・お茶セット・冷蔵庫・金庫、2段の引き出しが用意されています。

ちゃんと確認していないのですが、テレビは21インチ程度のように感じました。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

湯沸かしポットには、自分で水を入れました。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

お茶セットは、煎茶とほうじ茶が用意されています。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

冷蔵庫はサイズが小さく、収容できるものが限られます。

500mlのペットボトルを2のように置くと扉が閉まりません。3の扉のポケットにも入りません。4のように上段に横にすると入るようなサイズです。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

水回りはバスタブ・トイレ・洗面が一体となっているユニットバスタイプです。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

洗面横に置いてあるアメニティです。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

アメニティを袋から出してみました。

真ん中の丸いオレンジ色のものは、髪を束ねるヘアゴムで、その右の白っぽいものはシャワーキャップ、黄色いクマさんはボディスポンジです。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティ

部屋はUSJ側とは逆の、ユニバーサルシティ駅が見える方角でした。

避難路になるのか、ベランダのようなものがあるため、開けた眺望ではなく、解放感はありませんでした。



今回利用した部屋は、広さ21平米で定員の3名のカジュアルルームでした。

3名で宿泊する場合はソファーベッドを利用することになるようで、窓際にはそのソフアーが置かれていました。

2名で使用する場合は、このソファーがあることで、くつろげるスペースもありますが、3名宿泊の場合は余裕がなくなるように感じます。

ただ、パークで存分に遊び、主な目的は寝るだけというのであれば、今回利用した部屋でも十分だろうと思います。

このホテルの特徴はパークに一番近いということで、部屋からUSJの眺めを期待するところですが、ホテルの2面はパークに面していますが、残り2面は面していません。

ご覧いただいように今回利用した部屋はパークに面していなくて、ユニバーサルシティ駅や他のオフィシャルホテル、それに建物の間から大阪市内を垣間見るだけの、解放感のない眺望だったのが残念でした。

USJ側の眺望を見ていないのでその差を比較できないのですが、パーク側のほうが、気分的には盛り上がるだろうということは予想できます。


お風呂は御覧いただいたように浴槽・トイレ・洗面が一体になったユニットバスタイプとなっていて、二人同時に何かしようとすると、難しい場合があります。

他に感じたこととして、写真でも説明しましたが、洋服をかけたり、荷物を置くスペースが独立して確保されていないため、冬場、上着がかさばる季節や大きな荷物を持っての旅行では、使いづらい面があるかもしれません。

また、これもスペースの関係でしょうが、小さな丸テーブルはあるものの、ちょっとした書き物をしたりするテーブルは用意されていないため、これも使いづらい面があるかもしれません。


色々書いてきましたが、お部屋は「おまかせ」という安いプランで利用した部屋での感想で、USJ側のもっと広い部屋であれば、印象はずいぶん違ったと思います。

平日利用だったので、パーク側になるかもしれないと、少し期待していたのですが、世の中そんなに甘くないようで、まったく見えない部屋になりましたが、ホテルのHPで紹介されていないレポートができたかと思っています。

リゾート気分も味わいたい場合は、部屋と眺望のチョイスを考えるほうが良いかもしれませんね。


最後に雑学として。 ユニバーサルシティウォークに違和感なく溶け込んでいるマクドナルドは、実はホテル近鉄ユニバーサル・シティの施設のため、ユニバーサルシティウォークのHPには載っていないのです。


USJ ユニバーサルスタジオジャパンのツアーリンク

USJオープンの15分前に入場できる
アーリーパークインはJTBだけ





TOP↑